国家資格について

国家資格について

国家資格(無人航空機操縦者技能証明)について

制度概要

2022年12月5日から操縦ライセンス制度(操縦者技能証明)がスタート「無人航空機操縦者技能証明」とは、国土交通省が無人航空機を飛行させるのに必要な技能(知識及び能力)を有することを証明する資格制度です。
技能証明は、
カテゴリーⅢ飛行に必要な技能に係る「一等無人航空機操縦士」と、
カテゴリーⅡ飛行に必要な技能に係る「二等無人航空機操縦士」との2つに区分されます。

無人航空機操縦者技能証明書の取得には、国土交通省の指定試験機関による「学科試験」「実地試験」「身体検査」の合格が必要となりますが、登校の講習と審査を修了することで指定試験機関での「実地試験」が免除されます。

UNLCから発行される修了証明書を受講者が「ドローン情報基盤システム(DIPS)」から申請を行うことで、指定試験期間の実地試験が免除されます。

飛行形態と技能証明と機体認証と飛行許可承認の関係性について

飛行形態 機体認証と操縦者技能証明 飛行許可承認
カテゴリーⅢ飛行 第三者上空での特定飛行 立入管理措置を講じない 第一種機体認証
一等無人航空機操縦士
必要
カテゴリーⅡ飛行 カテゴリーⅡA飛行 第三者上空を飛行しない
立入管理措置を講じる
以下の特定飛行
・空港等周辺
・150m以上上空
・イベント上空
・危険物輸送
・物件投下
・総重量25kg以上
第二種機体認証
二等無人航空機操縦士
必要
カテゴリーⅡB飛行 第三者上空を飛行しない
立入管理措置を講じる
以下の特定飛行
・人口集中地区
・夜間飛行
・目視外飛行
・人、物件との距離30m未満
・総重量25kg未満
第二種機体認証
二等無人航空機操縦士
不要
カテゴリーⅠ飛行 カテゴリーⅢ飛行
カテゴリーⅡ飛行に該当しない飛行
機体認証および
操縦者技能証明 不要
不要

カテゴリーⅡ飛行については、第二種機体認証、二等無人航空機操縦士の技能証明がなくても、国土交通省から飛行許可承認を受けると飛行は可能になります。

飛行形態の確認

出典:国土交通省ホームページ 無人航空機の飛行許可・承認手続

https://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000042.html